商品Q&A

「どうして?」「なぜ?」 商品についての、皆さまからの疑問・質問にお答えします。
※ご利用の生協によって商品取り扱いがない場合もあります。

最新の商品Q&A

野菜・果物

はるみ

Q:見た目がはるみではなくデコポンのようです
A:デコポンとは同系統のため、見た目が似る場合があります
2002_01qa_harumi.jpg

「はるみ」は清見オレンジとぽんかんを掛け合わせてできた品種で、「デコポン(不知火(しらぬい))」も品種の違う清見オレンジとぽんかんを掛け合わせた同系統のものです。そのためはるみにこぶのような形(デコ)ができる場合もあります。 はるみは皮がむきやすく小袋ごと食べられ、みかんに近い食べやすさと風味、オレンジの香りが感じられるのが特徴です。

その他の食品

チョコレート

Q:チョコレートの表面が白くなりました
A:ブルーム現象が発生したものです

チョコレートは、高温(28℃以上)で保管した場合や、低温でも直射日光が当たってしまった場合などに、チョコレートに含まれる油脂分が溶け出し表面に浮き出てきます。浮き出した油脂分が再び冷えて固まることで、白く変色したような状態になります。このような現象を「ブルーム現象」と呼びます。風味の低下を感じる場合がありますが、召し上がっても身体に影響はありません。気になる場合は担当者にお申し付けください。 ご家庭で保管する場合には、保管温度や場所にはお気を付けください。

野菜・果物

さつまいも・ごぼう

Q:さつまいも・ごぼうが緑色に変色してしまいました
A:あくの成分の一種が、アルカリ成分と反応したためです
P6_01_B.jpg

さつまいも

変色は、さつまいもやごぼうに含まれるポリフェノールの一種であくの成分でもある「クロロゲン酸」が原因と思われます。加熱によりクロロゲン酸が反応したり、天ぷら粉に含まれる重曹などのアルカリ成分とクロロゲン酸が反応することで、緑色や紫色になる場合があります。
また、こんにゃくなどと一緒に煮ると、こんにゃくのアルカリ成分と反応して変色する場合もあります。いずれの変色も食品中に含まれる成分の反応で、召し上がっても、身体に影響はありません。あく抜きをしっかり行うことで変色を防ぐことができます。
冷凍食品のささがきごぼうでも、同様の反応が出ることがあります。

P6_02_B.jpg

ごぼうの天ぷら

その他の食品

マヨネーズ

Q:冷蔵庫で保管していましたが、分離してしまいました
A:過冷却により分離したためです
2002_04qa_mayo.jpg

マヨネーズは、食用植物油脂・酢などを、卵に含まれる成分の乳化力により均一に混ぜ合わせた調味料です。0度以下の環境や、直接冷気が当たる場所などに置かれたりすると、過冷却となり分離することがあります。冷蔵庫の冷気吹出口付近には置かないなど、保管場所にご注意ください。

過去のQ&Aを探す