商品Q&A

「どうして?」「なぜ?」 商品についての、皆さまからの疑問・質問にお答えします。
※ご利用の生協によって商品取り扱いがない場合もあります。

最新の商品Q&A

野菜・果物

じゃがいも

Q:刃物で切られたような傷が付いているものがありました
A:掘り取り傷があるものをお届けしてしまいました

じゃがいもの収穫には大型機械を使用し、土と一緒にじゃがいもを掘り起こしています。その際に掘り取り傷が付くことがあります。傷が小さいものは商品として使用しますが、傷の深いもの・割れ・削られたものは、惣菜や加工用として出荷しています。しかし、選別ミスで傷の大きなものが入ってしまいました。申し訳ございません。このような商品を手にした場合には担当者にお申し付けください。

野菜・果物

さつまいも

Q:ブヨブヨに軟らかくなってしまいました
A:低温の影響によるものです
1904_P6_01.jpg

さつまいもは寒さに弱い野菜で、15度ほどでの保存が適しています。冷気にさらして低温の影響を受けると、内部や皮が変色し、ひどい場合は軟らかくなって腐敗することがあります。このような商品を手にした場合には担当者にお申し付けください。また、ご家庭でも15度未満になる場所での保管はお控えください。

その他の食品

たまご

Q:薬品のようなにおいがします
A:たまごの洗浄・殺菌に使用する液体のにおいと思われます
201701_03qa_egg.jpg

たまごは食品衛生法により、定められた殺菌剤で殻を洗浄・殺菌してからパック詰めすることが義務付けられています。十分な管理が行われており、適正濃度の使用では身体に影響はありません。 通常は洗浄後の乾燥で、におい成分は揮発して感じられなくなります。しかし、気温や湿度の影響により乾燥が不十分になると、たまごににおいが残る場合があります。パックからたまごを取り出し、時間を置くとにおいはなくなります。たまごの洗浄・殺菌は安全にお召し上がりいただくために必要な工程です、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

雑貨

アルミホイル

Q:中心部分が白濁しています
A:酸化現象によるものです
201704_03qa_arumi.jpg

アルミホイルの原料であるアルミニウムは利便性がある一方で、水や塩分などに弱く、これらに触れていると酸化し、変色や腐食につながることがあります。アルミホイルが酸化すると、乳白色、茶褐色、黒色へと変色し、アルミホイル同士の貼り付き、ボロボロと崩れる状態へと進行していきます。 アルミホイル中央部にスジ状や帯状に変化が見られるのは、アルミホイルの中央部分は水分がとどまりやすく、乾きにくいためです。この現象には、温度や湿度、時間などのさまざまな条件が影響しますので、きれいな状態で使用できる期間を明確にお知らせできないのが実状です。なお、酸化して変色したアルミホイルを使用しても身体に影響はありません。

過去のQ&Aを探す