ごあいさつ

コープながの理事長 太田 栄一の写真

コープながの理事長
太田 栄一

日頃から、コープながのの活動と事業にご支援、ご協力を賜り、心より御礼を申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の拡大は、医療や介護の現場を疲弊させ、倒産や失業、格差や貧困を拡大し、わたしたちのくらしを一層深刻なものにしています。
このような中、コープながのの2020年度は、感染症への対応を余儀なくされた一年となりました。組合員のみなさまには、点数制限や欠品などで、大変ご迷惑をお掛けしました。そうした状況にもかかわらず、職員に対し多くの励ましの言葉をお掛けいただいたことは、コロナ禍で奮闘する職員にとって大きな励みとなりました。組合員のみなさまの温かいご支援に、心より感謝を申し上げます。

2020年度は、コロナ禍という特殊な環境下ではありましたが、組合員のみなさまの利用と職員の奮闘、お取引先のご協力に支えられ、事業面では大幅な増収・増益となりました。「上田古里ステーション」、「諏訪センター」、「伊北センター」の建設などを予定どおり実施し、昨年開始した「コープデリでんき」も順調に利用が広がり、計画より一年早く黒字化を実現することができました。また、さまざまな取り組みでは、感染に配慮した屋外での企画や自宅で参加・体験できる企画、Webの活用など新たな展開が始まりました。組合員のみなさまのご理解とご協力に感謝を申し上げます。

人類は、幾多のパンデミックを乗り越え、その都度社会は大きく変化してきたと言われます。今、わたしたちが対峙している感染症や気候変動などは、まさに人類が乗り越えなければならない共通の課題です。世界が協調してこうした課題を克服し、“SDGs(持続可能な開発目標)”の推進を通して、持続可能な社会へと大きく変革していくことが求められています。

2021年度は、第3期中期計画の2年目となります。コープながのは、「誠実」「公開」「社会的責任」そして「他人への配慮」という協同組合の倫理的価値を大切にし、様々な団体とともにくらしと地域の課題にしっかりと向き合い、「誰からも頼られる生協」の実現を目指して全力で取り組んで参ります。
みなさまのご支援とご協力をお願い申し上げます。

生活協同組合コープながの
代表理事 理事長 太田 栄一