コープながのとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

職場の安全環境整備

ヘルプライン(コンプライアンス相談室)・コープながのハラスメント相談窓口

職員が法令・倫理・就業諸規定等に照らして「不審」「不正」を発見した場合や、業務上での相談を受ける窓口を設置しています。コープデリグループのコンプライアンス相談室とあわせ、コープながのが「セクハラ」「パワハラ」「マタハラ」に関するハラスメント相談窓口について業務ラインで周知を行いました。2016年度はセクハラ・パワハラあわせて12件の相談があり、受付事案は常勤役員会と理事会に報告しました。不利益回復やメンタルケアを図るとともに規則・規程に基づく厳正な処置を行いました。

ハラスメントポスターのイメージ

メンタルヘルス対策

2016年度のメンタルヘルス不全の休職者数は、のべ10人(正規職員6人、パート職員4人)でした。厚生労働省から義務付けられたストレスチェックを、正規、福祉専門・嘱託・パート・アルバイト(週28時間以上の健康保健加入者)の職員が受験しました。チェック内容と医師の面接指導の実施状況は、労働基準監督署へ所定の用紙で報告しました。メンタルヘルス不調者を出さない職場づくり、不調者の早期発見・治療、職場復帰支援などに取り組んでいます。

セクハラ・パワハラ・マタハラ対策

全職員がセクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・マタニティハラスメントについて理解を深める学習会を各事業所で開催し、のべ1,182人が参加して学びました。
また、外部講師を招いたハラスメント学習会では、育児介護休業法及び男女雇用機会均等法の一部改正を受けた内容を加え、制度の周知・啓発を図りました。セクハラ・パワハラ対応窓口での受付事案は常勤役員会と理事会に報告されて、規則・規程にもとづく厳正な処置が行われました。

事業所長研修・ハラスメント学習会の様子

事業所長研修・ハラスメント学習会

事業所長研修・ハラスメント学習会開催状況

ハラスメント学習会 開催日程
上期全職員ハラスメントミニ学習会(各事業所) 2016年8月1日(月)~9月20日(火)
新任リーダー向けハラスメント学習会 8月23日(火)・8月25日(木)
デイリーコープ(夕食宅配)チーフパート 11月17日(木)
下期事業所長(部局長)研修内 10月25日(火)
下期全職員ハラスメントミニ学習会(各事業所) 2017年1月9日(月)~2月20日(月)
※ 横にスクロールしてご覧ください

労働災害対策

2016年度は前年より減少したものの労働災害事故が30件発生しました。2016年度は、労災発生時の状況を画像(見える)化して周知することにより再発防止に役立てるとともに、産業医による職場巡視で危険が潜む場所を洗い出し、労働災害を削減するための改善策の検討・実施に取り組みました。

労働災害発生件数 年度別動態

年度 2014年度 2015年度 2016年度
計(前年比) 27(62.8%) 37(137.0%) 30(81.1%)
※ 横にスクロールしてご覧ください

交通違反・交通事故対策

宅配を基幹事業とするコープながのにとって、仕事品質向上の観点からも運転者のモラル向上と交通違反の撲滅は至上命題です。2016年度末にドライブレコーダーの全車両装着を完了し、前年度に導入したテレマティクス(車両管理・燃費削減・危険運転の見える化等のための車載機)とともに、安全運転行動の強化を図っています。6月1日を「コープデリグループ統一“安全運転誓いの日”」とし、12月18日を「コープながの安全運転誓いの日」として、事故・違反の撲滅に向けたコープながのの安全運転宣言文を全職員で読み合わせました。

交通事故・違反件数 年度別動態

交通事故・違反件数 年度別動態のグラフ

運転記録証明(SDカード)取得

コープながの所属職員(正規、職託、福祉専門、パート、アルバイト)の過去1年間の交通事故及び違反などに関する運転記録証明(SDカード)を取得しました。1,059人が取得し、約半数の522人がゴールド以上のカードでした。カードの取得により、公平で健全な組織風土構築と法令内容の共有化により、安全運転行動の取り組み強化と併せ、事故・交通違反防止に結び付けました。

“優秀安全運転事業所表彰のプラチナ賞”を受賞したときの写真

長野県警本部と自動車安全運転センター長野県事務所から、“優秀安全運転事業所表彰のプラチナ賞”を受賞しました。右から2人目が関常務。