コープながのとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

コープの枠を超えてつなぐサービスと、組合員同士の助け合い

コープの枠を超えてつなぐサービスと、組合員同士の助け合い

くらしの困りごと 総合窓口

組合員のくらしの困りごと相談を受けとめ、コープながののインフラやこれまで信頼を培ってきた行政・諸団体の様々な部署との関係をを活かして、解決に向けたヒントを得ることができるよう、「くらしの困りごと 総合窓口」を設置し、運用をスタートしました。

コープながので取り組んでいることを表した街のイラスト
詳しい「くらしの困りごと 総合窓口」についてはこちら

くらしサポート活動「まごころ」

家の掃除、食事づくり、草取り、通院介助など、くらしの中でちょっと手を借りたいような時、“組合員がお手伝いできること”を有償で行う活動です。自分ができる支援活動を登録した「まごころサポーター(組合員)」は全県で500人超となりました。また、県内11か所で「託児サポーター研修会」を開催し、登録サポーター等158人が参加してコープの託児に必須なルールの再確認と、子どもの応急処置(AEDの取り扱い)について学びました。

くらしのサポート活動「まごころ」 活動時間

  2014年度 2015年度 2016年度
活動時間 12,508.0時間 12,762.5時間 12,507.0時間
※ 横にスクロールしてご覧ください
詳しい「くらしのサポート活動 まごころ」についてはこちら

くらしの助け合いの会

家事援助活動を有償で行う会員制組織です。組合員の中から「活動会員」「利用会員」「賛同会員」を募り、会費を出し合って自主的に活動を行っています。篠ノ井、佐久、池田、松本にある各支部を活動拠点としています。

くらしの助け合いの会 活動時間

  2014年度 2015年度 2016年度
活動時間 10,692.0時間 10,677.5時間 11,275.0時間
※ 横にスクロールしてご覧ください
詳しい「くらしの助け合いの会」についてはこちら